国際事業

Code4Lib JAPANカンファレンス2015発表募集 (Call For Papers)

Code4Lib JAPANカンファレンスを今年の夏も開催します!

第3回となる今回は東京駅八重洲口のリクルート本社アカデミーホールにて、2015年9月上旬に開催します。
システムライブラリアンはもちろん、図書館にさまざまな立場で関わっている方々からも
新しいアイディアをたくさん共有していただくことで、Code4Libムーブメントをさらに
盛り上げていきたいと思います。
多数の発表応募をお待ちしております!

通常発表応募は7/17(金)で締め切りました。ライトニングトークは枠が埋まるまで引き続き募集します!

read more

Code4Lib JAPANカンファレンス2014発表募集

Code4Lib JAPANカンファレンスを今年の夏も開催します!

第2回となる今回は福井県鯖江市にて、2014年9月上旬に開催します。
システムライブラリアンはもちろん、図書館にさまざまな立場で関わっている方々からも
新しいアイディアをたくさん共有していただくことで、Code4Libムーブメントをさらに
盛り上げていきたいと思います。
多数の発表応募をお待ちしております!

通常発表、ライトニングトークの応募は締め切りました。
1日目(9/6)の夜、ブレイクアウトセッションでの発表も可能です!

read more

Code4Lib JAPANカンファレンス2013発表募集

Code4Lib JAPAN カンファレンス 2013 は図書館と技術、Web、ITをむすぶ、図書館員や技術者、その他すべての関係者が集い、アイデアやツールを紹介しあい、先進的な試みを共有し、関係者が出会い、つながるイベントです。Code4Lib JAPANが開催する初めてのカンファレンス形式のイベントです。

 

発表申し込みフォーム: http://bit.ly/c4ljp13-proposal

  • ライトニングトークは〆切延長します。応募の早い発表を採択し、応募枠が埋まり次第締め切ります。
  • 通常発表は締め切りました

 

発表は上記フォームからお申し込みください。

発表には通常発表とライトニングトークの2つの形式があります。発表されたい方は、以下の募集フォームにて、1)希望する発表形式、2)発表タイトル、3)発表者(お名前、所属、連絡先)、4)発表内容の概要(800字以内)を明記の上、ご応募ください。

  •  通常発表:15分の発表(質疑応答含む)が与えられます。7件を予定。
  • ライトニングトーク:5分のショート発表。14件を予定。

特に、以下のような発表を歓迎します:

  • 図書館システムまたは業務システムに関わる新しいソフトウェアやアイデア
  • 図書館と技術のコミュニティに関わる新しいアイデア

また、発表内容は事例報告、実践報告、研究発表、アイデア共有等、どのような内容でも構いません。上記に限ることなく自由な発想による発表の応募をお待ちしています。

発表応募期間は 7月29日 17:00(日本時間)までとします(ライトニングトークのみ応募枠が埋まるまで〆切延長します)。プログラム委員会は、発表応募内容の新規性、有用性、面白さ、会議への適合性を考慮し、審査を行い、8月5日までに発表採択者を公表します。

なお、通常発表に応募いただいた場合も、件数を超過した場合、ライトニングトーク発表とさせていただく可能性があります。あらかじめご容赦ください。

(Code4Lib JAPANカンファレンス2013・実行委員会)

プログラム委員

  • 天野 絵里子(九州大学)
  • 江草 由佳 (国立教育政策研究所、Code4Lib JAPAN共同代表)※プログラム委員長
  • 大向 一輝 (国立情報学研究所)
  • 高久 雅生 (筑波大学)

【2013年8月31日・9月1日(於 南三陸町)】Code4Lib JAPAN カンファレンス 2013 を開催します

Code4Lib JAPANでは、今夏、初めての試みとなるCode4Libカンファレンス2013を開催します。

名称:Code4Libカンファレンス2013
日程:2013年8月31日(土)、9月1日(日)
会場:ホテル観洋(宮城県南三陸町)※予定
費用:5000円(旅費・宿泊費別途)

なお、本家Code4Libからの特別ゲストの招聘も検討しています。

内容としては、本家のカンファレンス同様、

・プレカンファレンス(ハンズオン、チュートリアル)
・キーノートスピーチ
・プレゼンテーション
・ブレイクアウトセッション
・ライトニングトーク

を実施し、日本における世界に負けない取り組みを多数紹介し、交流を深める予定です。

タイムテーブル(案):
1日目:
9:00~12:00 – プレカンファレンス(チュートリアル、スポンサーセッション)
12:00~14:00 – ランチ(各自)
14:00~14:45 – 招待講演:Dan Chudnov(Code4Lib)※打診中
14:45~15:15 – 特別講演:宮城県の図書館関係者「被災地支援とITの現実」(仮題)※打診予定
15:15~16:00 – プレゼンテーション(各15分3名)
16:00~16:10 – ブレイク
16:10~16:45 – ライトニングトーク(各5分6名)
16:45~17:00 – ラップアップ
17:00~20:00 – (移動)、入浴、ディナー
20:00~22:00 – ブレイクアウト(客室にて)

2日目:
9:00~10:00 – 基調講演:大向一輝(NII)「CiNii Articlesのシステムデザインとデータモデル」(仮題)
10:00~11:00 – プレゼンテーション(各15分4名)
11:00~11:45 – ライトニングトーク(各5分8名)
11:45~12:00 – ラップアップ

枠数:
招待講演(1)
特別講演(1)
基調講演(1)
プレゼンテーション(7)
ライトニングトーク(14)

プレゼンテーションやライトニングトークの募集も追って開始します。

◆参加申込み&最新情報
https://www.facebook.com/events/508858532486640/
参加される方は上記URLのFacebookイベントページにて「参加」申込み(「参加する」ボタンをクリック)をお願いします。
また、最新情報についても上記のイベントページを参照ください。


The first Code4Lib JAPAN Conference is held in this summer!

Code4Lib JAPAN Conference 2013

  • Dates: August 31st, 2013 (Saturday) – September 1st, 2013 (Sunday)
  • Venue: Hotel Kanyo (Minamisanriku town, Miyagi prefecture)
  • Fee: 5,000 YEN

Conference will be organized similar to original Code4Lib conference series, including:

  • Pre-conference
  • Keynote talk
  • Presentation
  • Breakout session
  • Lightning talk

We would like to bring a lot of interesting projects and people together, and connect each other.

Tentative schedules:

DAY 1 (August 31st)

  • 9:00 – 12:00 – Pre-conference
  • 12:00 – 14:00 – Lunch
  • 14:00 – 14:45 – Keynote talk 1: TBA
  • 14:45 – 15:15 – Keynote talk 2: TBA, “Recovery effort and realiity of information technologies”
  • 15:15 – 16:00 – Presentation session 1 (3 presentations)
  • 16:00 – 16:10 – Break
  • 16:10 – 16:45 – Lightning talk 1
  • 16:45 – 17:00 – Wrap-up
  • 17:00 – 20:00 – (moved to hotel, and dinner)
  • 20:00 – 22:00 – Breakout session

DAY 2 (September 1st)

  • 9:00 – 10:00 – Keynote talk 3: Ikki Ohmukai (NII) “System architecture and data models for CiNii Articles”
  • 10:00 – 11:00 – Presentation session 2 (4 presentations)
  • 11:00 – 11:45 – Lightning talk 2
  • 11:45 – 12:00 – Wrap-up

Calls for presentations and lightning talks will be announced later.

【2013年3月24日(日)15:00-18:00】Code4Lib 2013参加報告会を開催します

例年通り、

Code4Lib Conference 2013 http://code4lib.org/conference/2013/

の参加報告会を開催します。

2013年2月11日(月)~14日(木)まで、アメリカ・シカゴで開催されたCode4Lib Conference 2013には、日本から江草由佳(国立教育政策研究所)、大向一輝(国立情報学研究所)、岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)、加藤文彦(国立情報学研究所)、高久雅生(物質・材料研究機構)、田辺浩介(物質・材料研究機構)の6名が参加しました。

報告会では、カンファレンスで得た知見や、岡本と高久が実施したライトニングトークの内容、さらにはCode4Lib JAPANのコーディネートで実施した2つのアフターカンファレンスのエクスカーションである

・アメリカ図書館協会の訪問
・シカゴ大学図書館の見学

についても紹介します。

また、2013年8月31日(土)、9月1日(日)に宮城県南三陸町で開催を予定しているCode4Lib JAPANカンファレンス2013の詳細を発表します。

参加費はかかりません(Code4Lib JAPANのスポンサー、サポータになっていただけると幸いです)。どなたもご自由にお越しください。

◆参加申込み&最新情報

https://www.facebook.com/events/312000325589268/

参加される方は上記URLのFacebookイベントページにて「参加」申込み(「参加する」ボタンをクリック)をお願いします。
また、最新情報についても上記のイベントページを参照ください。

※海外・遠方の方向けにUSTする予定です。

◆2010年3月20日(土):
Code4Lib 2010報告会 http://dl.nier.go.jp/wiki/?code4lib2010

◆2011年3月5日(土):
Code4Lib 参加報告会 http://www.code4lib.jp/2011/03/799/

◆2012年3月5日(月):
Code4Lib Conference 2012参加報告会 http://www.code4lib.jp/2012/03/1000/

by 江草由佳

Code4Lib 2011から帰国しました!

2/7-10に米国インディアナ州ブルーミントンで開催されましたCode4Lib 2011が終了し、渡航を助成いたしました田辺さんほか日本からの全ての参加者が無事帰国いたしました。皆様のご助力に感謝申し上げます。

平均気温が0度を上回ることのないさりげない寒地、ブルーミントンでの田辺さん、小野さんのライトニングトークは会場を大いに沸かせました。

特に小野さんの発表は参加者の一人、Eric Hellman氏(3日目大トリのspeaker)のblogで紹介されるなど好評でした。

また、TwitterやIRCでは

  • 「how cool is it that people traveled from Japan for code4lib?」
  • 「I’m loving the amount of Japanese content at code4lib this year.」

など、日本からの参加者への賞賛を頂きました。

帰途、一部参加者が搭乗予定の飛行機がキャンセルになり、インディアナポリスに足止めになるも、代替で用意されたホテルでsolrのワークショップが急遽開催されました。solrは今回のconferenceでも多く取り上げられており、まさに「鉄は熱いうちに打て」の精神で成果を血肉とすべく勉学にいそしんだ高久さん、田辺さんほかには驚嘆です(ワークショップ内容はtoggterにまとめています)。

その他、ベーグルカッターは日本とアメリカでは3倍近い値段(US:$20 http://amzn.to/dKDb8D JPN:$60 http://goo.gl/2MlCT)、夜な夜な全米各地のビールで宴会が開かれるなど、さまざまな知見を得ることのできた渡米でした。

来年、Code4Lib2012はシアトルはワシントン大学で開催予定とのことです。

以下、関連の情報です。

日本からは田辺さん、林(いずれも1日目)、小野さん(2日目)が以下の演題で発表をしております。

by 林賢紀

(2011/02/21 スライドへのリンク追加)

Code4Lib 2011参加報告会&Camp開催のお知らせ

Code4Lib JAPANでは、図書館システムやAPIを扱ったことのある開発経験者、図書館関連システムやツールの開発者が集い、実際に手を動かし、なんらかの成果物を作成し最終日には成果を発表しあうテクニカルCampを開催します。

つきましては、自ら図書館に関連するシステムやツールなどを開発したい、デザインしたいというCamp参加者を広く募集します。

また、皆様のご協力により、いくつかの開発コースも決まりました。
「APIを使ってみたいけど手が出しにくい」
「何か作りたいけどテーマが見つからない」
という方は、ぜひいずれかのコースにご参加下さい。 read more

ツイートツイート

審査結果のお知らせ: Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成

先日、お知らせした渡航助成の結果を報告します。

昨年末に募集した、米国Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成には4名の応募がありましたが、外部有識者をまじえた厳正な審査により、田辺浩介さん(慶應義塾大学 / Project Next-L)を、渡航助成の対象者として選定しました。

2月7~11日に開催されるカンファレンスには、田辺さん含め日本から6名が参加する予定となっています。おおいに情報交換がされることを期待したいと思います。

なお、昨年に引き続き、今年も帰国後にCode4Lib 2011参加報告会を3月5日(土)に開催する予定です。報告会では、渡航派遣者の報告に加え、ライトニングトークなどの話題提供も予定しております。

具体的な内容等は改めてお知らせします。

渡航助成募集記事

http://d.hatena.ne.jp/josei002-10/20101113/1289663815

by ふじたまさえ

Code4Lib JAPAN Scholarship for Code4Lib 2011

Code4Lib JAPAN is established in July 2010, and is actively organizing several workshops and forums in Japan. Code4Lib JAPAN can provide a scholarship for up to two applicants for Code4Lib 2011.

The Code4Lib JAPAN scholarship includes the following fees:

  1. Travel fee for the conference, from Tokyo-Narita airport to the venue at Bloomington, IN
  2. Conference registration fee,
  3. Accommodation fee during the conference, from February 7 to 10, 2011.

Scholarship recipients are required to present a talk at
conference-report workshop in Japan after the conference.

How to Apply

To apply this C4LJP scholarship, please send an email to C4LJP contact address with a brief letter of interest, which:

  1. Describes your interest in the conference and how you intend to participate
  2. Discusses your statement of need
  3. (optional) Describe your presentation summary, if you propose to present a talk

C4LJP application deadline is December 15, 2010. C4LJP will notify successful candidates by December 25, 2010.
mail address

助成申請のご案内 | Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成

Code4Lib JAPAN では日本国内に在住する司書、エンジニア、開発者など、その職や所属組織にかかわらず、個人として、図書館でのオープンソースソフトウェアの活用やCode4Libコミュニティに興味を持つ方を対象として、来年2011年2月7日から2月10日まで、米国インディアナ大学において開催されるCode4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成を行います。

read more

サイト内検索
Search This Site

  • アーカイブ

  • カテゴリー