派遣事業

Code4Lib 2011から帰国しました!

2/7-10に米国インディアナ州ブルーミントンで開催されましたCode4Lib 2011が終了し、渡航を助成いたしました田辺さんほか日本からの全ての参加者が無事帰国いたしました。皆様のご助力に感謝申し上げます。

平均気温が0度を上回ることのないさりげない寒地、ブルーミントンでの田辺さん、小野さんのライトニングトークは会場を大いに沸かせました。

特に小野さんの発表は参加者の一人、Eric Hellman氏(3日目大トリのspeaker)のblogで紹介されるなど好評でした。

また、TwitterやIRCでは

  • 「how cool is it that people traveled from Japan for code4lib?」
  • 「I’m loving the amount of Japanese content at code4lib this year.」

など、日本からの参加者への賞賛を頂きました。

帰途、一部参加者が搭乗予定の飛行機がキャンセルになり、インディアナポリスに足止めになるも、代替で用意されたホテルでsolrのワークショップが急遽開催されました。solrは今回のconferenceでも多く取り上げられており、まさに「鉄は熱いうちに打て」の精神で成果を血肉とすべく勉学にいそしんだ高久さん、田辺さんほかには驚嘆です(ワークショップ内容はtoggterにまとめています)。

その他、ベーグルカッターは日本とアメリカでは3倍近い値段(US:$20 http://amzn.to/dKDb8D JPN:$60 http://goo.gl/2MlCT)、夜な夜な全米各地のビールで宴会が開かれるなど、さまざまな知見を得ることのできた渡米でした。

来年、Code4Lib2012はシアトルはワシントン大学で開催予定とのことです。

以下、関連の情報です。

日本からは田辺さん、林(いずれも1日目)、小野さん(2日目)が以下の演題で発表をしております。

by 林賢紀

(2011/02/21 スライドへのリンク追加)

Code4Lib 2011参加報告会&Camp開催のお知らせ

Code4Lib JAPANでは、図書館システムやAPIを扱ったことのある開発経験者、図書館関連システムやツールの開発者が集い、実際に手を動かし、なんらかの成果物を作成し最終日には成果を発表しあうテクニカルCampを開催します。

つきましては、自ら図書館に関連するシステムやツールなどを開発したい、デザインしたいというCamp参加者を広く募集します。

また、皆様のご協力により、いくつかの開発コースも決まりました。
「APIを使ってみたいけど手が出しにくい」
「何か作りたいけどテーマが見つからない」
という方は、ぜひいずれかのコースにご参加下さい。 read more

ツイートツイート

審査結果のお知らせ: Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成

先日、お知らせした渡航助成の結果を報告します。

昨年末に募集した、米国Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成には4名の応募がありましたが、外部有識者をまじえた厳正な審査により、田辺浩介さん(慶應義塾大学 / Project Next-L)を、渡航助成の対象者として選定しました。

2月7~11日に開催されるカンファレンスには、田辺さん含め日本から6名が参加する予定となっています。おおいに情報交換がされることを期待したいと思います。

なお、昨年に引き続き、今年も帰国後にCode4Lib 2011参加報告会を3月5日(土)に開催する予定です。報告会では、渡航派遣者の報告に加え、ライトニングトークなどの話題提供も予定しております。

具体的な内容等は改めてお知らせします。

渡航助成募集記事

http://d.hatena.ne.jp/josei002-10/20101113/1289663815

by ふじたまさえ

Code4Lib JAPAN Scholarship for Code4Lib 2011

Code4Lib JAPAN is established in July 2010, and is actively organizing several workshops and forums in Japan. Code4Lib JAPAN can provide a scholarship for up to two applicants for Code4Lib 2011.

The Code4Lib JAPAN scholarship includes the following fees:

  1. Travel fee for the conference, from Tokyo-Narita airport to the venue at Bloomington, IN
  2. Conference registration fee,
  3. Accommodation fee during the conference, from February 7 to 10, 2011.

Scholarship recipients are required to present a talk at
conference-report workshop in Japan after the conference.

How to Apply

To apply this C4LJP scholarship, please send an email to C4LJP contact address with a brief letter of interest, which:

  1. Describes your interest in the conference and how you intend to participate
  2. Discusses your statement of need
  3. (optional) Describe your presentation summary, if you propose to present a talk

C4LJP application deadline is December 15, 2010. C4LJP will notify successful candidates by December 25, 2010.
mail address

助成申請のご案内 | Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成

Code4Lib JAPAN では日本国内に在住する司書、エンジニア、開発者など、その職や所属組織にかかわらず、個人として、図書館でのオープンソースソフトウェアの活用やCode4Libコミュニティに興味を持つ方を対象として、来年2011年2月7日から2月10日まで、米国インディアナ大学において開催されるCode4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成を行います。

read more

助成申請のご案内: Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成

Code4Lib JAPAN では日本国内に在住する司書、エンジニア、開発者など、その職や所属組織にかかわらず、個人として、図書館でのオープンソースソフトウェアの活用や Code4Libコミュニティに興味を持つ方を対象として、来年2011年2月7日から2月10日まで、米国インディアナ大学において開催される Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成を行います。

  • 助成対象者:2名
  • 応募〆切:2010年12月15日

応募方法等の詳細については、公式ホームページの「 助成申請のご案内 | Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成 – Code4Lib JAPAN」をごらんください。

by 江草由佳

サイト内検索
Search This Site

  • アーカイブ

  • カテゴリー