Archive: 11月, 2010

図書館総合展フォーラム:Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010(11月24日)の開催報告です。

DSCN8062

74名の方の参加がありました。

配布資料:

参加してくださったみなさま、質疑に参加されたみなさま、Ustream視聴してくださったみなさまありがとうございました。また、受付とカメラボランティアをしてくださった@itonotaisukeさん、当日の直前の頼みにも快く応じて、ブログ記録いただいた@min2flyさん、twitter実況いただいた@karatelibrarianさんと@_massaeさん、他にもtwitterでつぶやいてくださったみなさま、会場誘導をしてくださった@waterperiodさん本当にありがとうございました。

by 江草 由佳

  • 講演スライド、謝辞等を追記(2010-11-27)

www.flickr.com

Code4Lib_JAPAN’s Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010 photoset Code4Lib_JAPAN’s Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010 photoset

【参加申込締切を延長します】第3回Code4Lib JAPANワークショップ

先にお知らせ*1した第3回Code4Lib JAPANワークショップへの参加ですが、すでに多くの方に参加申込いただいていますが、まだ定員に達しておりません。

ついては、申し込み締め切りを11月29日(月)まで延長します。

申込は以下のURLから受け付けています:Oops!

詳細は、下記の公式サイトご案内「 第3回Code4Lib JAPAN Workshop 「APIは怖くない!?RSSからAPIまで便利な仕組みを使い倒そう」(12月12?13日)(サービス構築コース) – Code4Lib JAPAN」からお願いします。

by 高久

助成申請のご案内 | Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成

Code4Lib JAPAN では日本国内に在住する司書、エンジニア、開発者など、その職や所属組織にかかわらず、個人として、図書館でのオープンソースソフトウェアの活用やCode4Libコミュニティに興味を持つ方を対象として、来年2011年2月7日から2月10日まで、米国インディアナ大学において開催されるCode4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成を行います。

read more

助成申請のご案内: Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成

Code4Lib JAPAN では日本国内に在住する司書、エンジニア、開発者など、その職や所属組織にかかわらず、個人として、図書館でのオープンソースソフトウェアの活用や Code4Libコミュニティに興味を持つ方を対象として、来年2011年2月7日から2月10日まで、米国インディアナ大学において開催される Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成を行います。

  • 助成対象者:2名
  • 応募〆切:2010年12月15日

応募方法等の詳細については、公式ホームページの「 助成申請のご案内 | Code4Lib 2011カンファレンスへの渡航助成 – Code4Lib JAPAN」をごらんください。

by 江草由佳

参加受付開始: 第3回Code4Lib JAPAN Workshop 「APIは怖くない!-RSSからAPIまで便利な仕組みを使い倒そう」(サービス構築コース)12月12~13日

第3回Code4Lib JAPAN Workshop

「APIは怖くない!-RSSからAPIまで便利な仕組みを使い倒そう」(サービス構築コース)

12月12~13日 福井県あわら市

の参加受付を開始しました。参加希望の方は次のフォームからお申込みください。

参加受付フォーム: http://bit.ly/aSXNiL

このイベントの詳細については、公式ホームページの「 第3回Code4Lib JAPAN Workshop 「APIは怖くない!?RSSからAPIまで便利な仕組みを使い倒そう」(12月12?13日)(サービス構築コース) – Code4Lib JAPAN」をごらんください。

詳細なプログラム等についてもそちらに順次upしていく予定です。

今回のWorkshopの運営は「Code4Lib JAPAN ワークショップを芦原温泉に誘致する会」が中心として行っております。運営者のブログ記事(第3回Code4Lib JAPANワークショップのお知らせです! – 読書ノートのつもり?なつれづれ日記)もご参照ください。

By 江草由佳

第3回Code4Lib JAPAN Workshop 「APIは怖くない!-RSSからAPIまで便利な仕組みを使い倒そう」(12月12~13日)(サービス構築コース)

あなたの図書館のWebサイトでは、どのような情報を発信していますか? Code4Lib JAPANのワークショップは、実践的な体験学習スタイル。持ち帰ってすぐに図書館サービスに反映できます。

第3回のワークショップは、福井県芦原温泉にて「APIは怖くない!-RSSからAPIまで便利な仕組みを使い倒そう」をテーマに開催します。
RSSからAPIまで便利なウェブの仕組みの使い方を学び、一緒にサービスをつくります。
みんなで考えて手を動かすワークショップを作り上げましょう!RSS/APIとは、どういうものかを理解し、実際に作りながらRSS/APIを使ったサービスの構築方法の基本をマスターします。 read more

ツイートツイート

参加受付開始: Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010(図書館総合展 11/24 10:30)

Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010(図書館総合展)

11月24日(10:30~12:00)第5会場

の参加受付を開始しました。参加希望の方は次のフォームからお申込みください。

参加受付フォーム: http://bit.ly/c4ljp-lf2010

このイベントの詳細については、公式ホームページの Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010 – Code4Lib JAPANをごらんください。

詳細なプログラム等についてもそちらに順次upしていく予定です。

By 江草由佳

Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010

【開催概要】
日時:2010年11月24日 10:30~12:00
会場:第5会場
主催:Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010、協力:株式会社しずくラボ、アカデミック・リソース・ガイド株式会社

【内容】
冒頭にて、Code4Lib JAPANのミッションと5つの事業(運営、研修、選定、提言、派遣)の解説を行い、続けて選定事業グループによるグッドプラクティスの発表と表彰、提言事業グループによる第一次提言案の草稿の発表を行います。また、過去2回開催したCode4Lib JAPAN Workshopでの取り組み事例の紹介も行います(いずれも予定)。
その後、Code4Lib JAPANメンバーにグッドプラクティス受賞者や、図書館業界関係者を交えたパネルディスカッションを行います。パネルディスカッションでは、「図書館はITに疎いのか?-『岡崎市立中央図書館利用者逮捕勾留事件」の課題と、Code4Lib JAPANの可能性」と題して、討論を繰り広げます。岡崎市の事件以降、大規模なデジタル化・ウェブ化の時代における情報・知識の担い手としての図書館の経験と能力が厳しく問われています。このパネルディスカッションでは、最終的にどうしたら「もう図書館がITに疎いとは言わせない!」と言えるようになるのか、私たちCode4Lib JAPANの担うべき役割も含めて考えます。※内容は変更することがあります。

【講師】
丸山高弘(山中湖情報創造館、NPO法人地域資料デジタル化研究会)、常川真央(筑波大学、株式会社しずくラボ)、米田渉(成田市立図書館)、高久雅生(物質・材料研究機構)、小野亘(一橋大学附属図書館)他、Code4Lib JAPANメンバー、並びに図書館関係者

【プログラム】

10:20-10:30 受付
10:30-10:45 ・Code4Lib JAPANのミッションと事業解説
・過去2回開催したCode4Lib JAPAN Workshopの紹介
登壇:丸山
10:45-10:55 提言事業グループによる第一次提言案の草稿の発表
登壇:阪口
11:00-11:50 パネルディスカッション
「図書館はITに疎いのか?-『岡崎市立中央図書館利用者逮捕勾留事件』の課題と、Code4Lib JAPANの可能性」
司会:丸山
パネラ:常川、米田、高久、小野
11:50-12:00 撤収/解散

【参加申し込み】
参加申し込みはこちらのフォーム(http://bit.ly/c4ljp-lf2010)に記入の上、送信をお願い致します。

※定員に達ししだい締め切ります。

11/22現在、定員に達しておらず、残席がございます。申込をお待ちしております。

当日参加も可能です。

サイト内検索
Search This Site

  • アーカイブ

  • カテゴリー