Archive: 4月, 2011

Code4Lib JAPAN は saveMLAKに協力します。 #c4ljp #savemlak

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)の被災・救援情報サイト、saveMLAKの活動に正式に協力します。

具体的には4月23日(土)、学習院大学にて開催される緊急討議においてUSTREAM中継を担当することになりました。

概要は次の通りです。

緊急討議「東日本大震災 被災支援とMLAK-いまわたしたちにできることは」

以下、http://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:Ev/20110423より転載/適宜編集してあります。


より大きな地図で 学習院目白キャンパス を表示

日時

2011年4月23日(土) 13:00 – 14:30

場所

学習院大学(目白) 南3号館203教室

http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html

参加方法 

事前のお申し込みは不要です。当日会場にて受付ください。

開催の呼びかけ:

 3月11日の東日本大震災から一ヶ月が経ちました。この未曾有の災害に直面し、救命とライフラインの復旧が何よりの課題でありますが、同時に失われた多くの文化財のあることも私たち、博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)に関与するものは深い衝撃を持って受け止めざるをえません。

 震災の当日より現在まで、被災・救援情報サイトを構築しsaveMLAKにいたっている者たちの有志により、震災後、直近の関連学協会である日本アーカイブズ学会の年次大会に先立ち、標記の会合を持つことにいたしました。

 貴重な時間と会場をご提供いただきました日本アーカイブズ学会のご支援、ご協力に深くお礼申し上げます。限られた時間ではありますが、MLAKに関わる多くの方々のご参集と今後の取り組みの展望へ向けて、討議が広く展開されることを期待いたしております。

スケジュール・登壇者

司会:水谷長志(東京国立近代美術館情報資料室長)

13:00  開会/各発言8分程度、その後、フロアを交えて自由討議 

  • 発言1 MLAKの展開 岡本 真(ARG)
  • 発言2 Mからの報告 山村真紀(ミュージアム・サービス研究所)
  • 発言3 Lからの報告 常世田良(日本図書館協会事務局次長)
  • 発言4 Aからの報告 青木 睦(国文学研究資料館研究部准教授)
  • 発言5 Kからの報告 神代 浩(国立教育政策研究所教育研究情報センター長)
  • 発言6 文化財レスキューから 栗原祐司(文化庁文化財部美術学芸課長)

14:30  閉会

協力(確定順)

日本アーカイブズ学会、アート・ドキュメンテーション学会、情報知識学会、日本ミュージアム・マネージメント学会、大学図書館問題研究会、情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会(CH研究会)、Code4Lib JAPAN

~協力に名を連ねてくださるMLAK関係団体を募集しています~

転載ここまで。

USTREAM中継URLなどの詳細については、以後、Twitter:@saveMLAK@code4libjpにご注目ください。

18日13時現在の本家に合わせるかたちで修正(ふじた)

by ふじたまさえ

第5回Code4Lib JAPAN Workshop「めざせ!図書館発、USTREAM中継!~基礎から、集客ノウハウまで~」 (コンテンツ作成コース)(3月19日)が無事開催されました #c4ljp

第5回Code4Lib JAPAN Workshop「めざせ!図書館発、USTREAM中継!~基礎から、集客ノウハウまで~」 (コンテンツ作成コース)(3月19日)の開催報告です。

read more

 常勤事務局員なう! #c4ljp

4月5日、桜の花はまだまだつぼみの横浜関内さくら通りに面した、さくらWorks<関内>の2Fにて、丸山代表(@山中湖)、岡本事務局長、そして事務局員ふじた、の3者でSkypeを通じたオンライン会議が行われ、正式に事務局員として始動することが決定されました。

Code4Lib JAPAN事務局のオフィスである「さくらWorks<関内>」は、こちら↓。

さくらWorks<関内>は、NPO法人 横浜コミュニティデザイン・ラボが主催する共同オフィスです。4月1日から引越し、搬入などが始まり、12日の夜に入居者向けのお披露目会が開催される予定の、できたてほやほやのオフィスです。JR関内駅からも近いので横浜関内にお越しの際には是非一度オフィスへ足を運んでみてください。

事務局員ふじたは、この、さくらWorks<関内>でCode4Lib JAPANに関わる仕事を進めています。実は、昨年の11月頃から他の仕事をやりつつもCode4Lib JAPANのコアメンバーのお手伝いをしてきました。

本家米国のCode4Libは図書館に関わるプログラマなどギークな専門家のコミュニティですが、Code4Lib JAPANではもっと裾野を広げ、全国のライブラリアンのICT力を底上げして、図書館を良い意味でヤバくする、それをリードし、しかけていこうとする団体です。

この大きな目的をもつ団体のサポートが他の仕事を片手にもちつつ(ちなみにふじたは図書館員+バリスタというWワークをしていましたので両手にかかえて)きっちりこなすことができるはずがありません。

3者会議の次の日からさっそくふじたがとりかかったのはCode4Lib JAPANサポーターのデータ整備。そしてまさかの登録漏れ、連絡ミスが発覚しました。大変申し訳ありませんでした。。。

そんなわけで、本格的着任早々にミスが発覚し、平謝りから始まった常勤事務局員のお仕事。これから、Code4Lib JAPANの中の人として、責任をもって事務局の仕事に取り組みたいと思います。

今後のCode4Lib JAPANの予定は、各地でのワークショップの開催の他に、図書館関連イベントへの出展など大きなことから、Code4Lib JAPANサポーターの特典拡充(具体的にはグッズなど)、ブログやTwitter、MLを通じた話題提供などきめ細かなところまで盛りだくさんです。

Code4Lib JAPANをこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

by ふじたまさえ Twitter:@_massae

ディジタル図書館ワークショップにてCode4Lib JAPANスペシャルパネル「システムライブラリアンの要請と養成」を開催しました!(3月10日))

ディジタル図書館ワークショップ:Code4Lib JAPANスペシャルパネル「システムライブラリアンの要請と養成」の開催報告です。

開催要項:http://d.hatena.ne.jp/josei002-10/20110211/1297390850

3月10日、秋葉原ダイビルにて開催されたディジタル図書館ワークショップにて「システムライブラリアンの要請と養成」と題したスペシャルパネルを行いました。

パネル直前の休憩時間を利用して、丸山高弘代表からCode4Lib JAPANの始まりから現状までを総括し、これまでに開催したワークショップへの参加者数やサポーターとスポンサーの登録数などについての報告がありました。

USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/13218983

コーディネータの宇陀則彦先生のリードにより進められたパネルは、各パネリストの自己紹介、所属するコミュニティの紹介に始まり、システムライブラリアンとは何かということについて、各パネリストの経験や立場を踏まえた視点から意見がかわされました。

USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/13220013(*途中からの映像になっています。申し訳ありません。)

パネリストは次のとおり。(座席順画面左から)

☆清田陽司 (マイニング探検会/東京大学情報基盤センター)

☆大園隼彦 (岡山大学附属図書館 / DRF技術サポートワーキンググループ)

☆川嶋 斉(公共図書館WEBサービス勉強会/野田市立図書館)

☆林賢紀(Code4Lib JAPAN/農林水産研究情報総合センター)

☆田辺浩介 (Project Next-L/慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程)

☆原田隆史 (慶應義塾大学文学部)

//更新が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

//by ふじたまさえ

サイト内検索
Search This Site

  • アーカイブ

  • カテゴリー