Archive: 5月, 2011

第4回Code4Lib JAPAN Workshop「「新着雑誌記事速報」を作ってみよう!-RSSを活用した図書館サービス作成講座-」 (サービス構築コース)

3月14日(月)開催予定でした、第4回Workshop。

東日本大震災の影響により、会場の潮来市立図書館並びに、講師陣の勤務するゆうき図書館も大きな打撃を受け、復旧に注力せざるを得なかったという事情から、開催が大幅に延期となっておりました。
3月時点でお申し込みいただいていた方々、大変お待たせして申し訳ございませんでした。
ようやく仕切りなおしです!
お待たせしてしまった分、より良い内容で臨めるよう、講師陣も鋭意準備を進めております。当日お会いできることを、楽しみにしております。
会場となる茨城県潮来市も、交通・ライフラインとも問題はありません。
当初の予定通り、最寄り交通機関までの送迎も行います。
安心してお越しいただける状況となりましたので、待望の再始動に漕ぎ着けました。

まだ空席はございますので、3月は日程が合わなかったという方、あるいはその時にはまだ知らなかったという方々にも、ぜひご参加いただければと思います。
read more

ツイートツイート

6月13日(月)開催、第4回Code4Lib JAPAN Workshop「「新着雑誌記事速報」を作ってみよう!-RSSを活用した図書館サービス作成コース-」、参加申込を開始

【実施概要】

3月14日(月)開催予定でした、第4回Workshop。

東日本大震災の影響により、会場の潮来市立図書館並びに、講師陣の勤務するゆうき図書館も大きな打撃を受け、復旧に注力せざるを得なかったという事情から、開催が大幅に延期となっておりました。

3月時点でお申し込みいただいていた方々、大変お待たせして申し訳ございませんでした。

ようやく仕切りなおしです!

お待たせしてしまった分、より良い内容で臨めるよう、講師陣も鋭意準備を進めております。当日お会いできることを、楽しみにしております。

会場となる茨城県潮来市も、交通・ライフラインとも問題はありません。

当初の予定通り、最寄り交通機関までの送迎も行います。

安心してお越しいただける状況となりましたので、待望の再始動に漕ぎ着けました。

まだ空席はございますので、3月は日程が合わなかったという方、あるいはその時にはまだ知らなかったという方々にも、ぜひご参加いただければと思います。

では、以下改めましてWorkshopの内容をご紹介いたします。

               *   *   *

受入雑誌の目次リストを提供できれば、雑誌の利活用は大幅にアップします。

でも、そんなリストを手作業で毎日更新するのは大変ですよね。

一度つくったリストが毎週自動で更新され、それがそのまま提供できてしまう。そんな仕組みがあったら便利だとは思いませんか?

国立国会図書館の雑誌記事索引とfujisan.co.jpのRSSを利用した、ゆうき図書館の「新着雑誌記事速報」。千代田図書館や野田市立図書館でも採用されているこの仕組みを徹底解説します。

この仕掛けを自分の手でつくるノウハウを会得できるワークショップを、潮来市立図書館の協力を得て開催いたします!

この機会に、あなたの所属館の新着雑誌記事速報システムを一緒につくりましょう。

ご参加にあたっては、システムやパソコンの前提知識は一切不問です。

ワークショップ後のアフターケアは、現職図書館員の方であれば「公共図書館Webサービス勉強会」が引き受けます。

図書館員以外の方も、もちろん個別にフォローさせていただきますので、当日わからなかったことや、もっと深く知りたいことも、後からどんどんお尋ねください。

参加にあたっては、勤務形態や役職はまったく関係ありません。

費用ゼロで、図書館システムに手を加えることもなく、Webサービスを推進できる好機です。

ディスカッションでは、持ち帰って自館で公開する方法をみんなで考えましょう。

ぜひお気軽にどうぞ。お待ちしております。

・期日:2011年6月13日(月)

・場所:潮来市立図書館 視聴覚ルーム

・ 主催:Code4Lib JAPAN

・協力:潮来市立図書館

・ 講師:笹沼崇(ゆうき図書館)、藤田方江(Code4Lib JAPAN事務局)、船見康之(潮来市立図書館)、牧野雄二(ゆうき図書館)

・ 定員:20名

・ 対象:不問 ※ただし、申込多数の場合、現役ライブラリアンを優先します。

・ 参加費:1万円

【プログラム(予定)】

10:00 受付開始

10:30 開会、イントロダクション

11:00 レクチャー

13:00 ワークショップ

新着雑誌記事速報をつくってみよう

15:00 ティータイム

ゆうき図書館スタッフお手製のお菓子つき!

16:00 ワークショップ終了

ディスカッション、事務連絡

17:00 終了

参加申込:http://bit.ly/c4ljp-4th-WS

by 笹沼 崇

Code4Lib JAPAN寄稿記事掲載情報 #c4ljp

Code4Lib JAPAN コアメンバーによる雑誌記事掲載情報

1.「図書館雑誌」2011年4月号(Vol.105 No.4)

[特集]ICT技術と図書館システム環境の変化

・Code4Lib JAPANの活動と図書館…米田 渉/215

2.「専門図書館」246号 (2011年3月)

ごぞんじですか?

・CODE4Lib JAPANについて 【 p.39-43 】…林 賢紀

これ以前の雑誌寄稿記事は次のとおりです。

1.「情報管理」53号 2011年1月刊行

「図書館の未来を予測する最善の方法は,それを創りだすことだ–Code4Lib JAPANのコンセプト,ビジョン,ミッション,アクション」丸山高弘 著

2.「ず・ぼん」16号 2011年1月刊行

「「日本の図書館をヤバくする」ために──Code4Lib JAPANの経緯、目的、事業、そしてFlickrを用いたワークショップのねらい」 岡本真 著

3.「大学の図書館」2010年11月号

「Code4Lib Japanへのお誘い(特集 図書館員のつながり)」, 小野亘 著

by ふじたまさえ

Code4Lib JAPAN スポンサーについて #c4ljp

公式サイト(http://www.code4lib.jp/membership/)でも紹介していますが、Code4Lib JAPANのスポンサーになってみませんか?

2011年5月1日現在でのスポンサー数は3社です。(登録順)

1. アカデミック・リソース・ガイド株式会社(http://www.arg.ne.jp/

2.大学図書館問題研究会 兵庫支部

3.エルゼビア・ジャパン株式会社(http://japan.elsevier.com/

スポンサーについての詳細は次のとおりです。

スポンサー(法人会員)制度

図書館関係者でなくとも、ご参加いただけます。

会費:年額1口10万円

特典:

1.主催イベントへの参加費の半額(1イベントにつき2名)※無料イベントの際は2席を優先確保

2.主催イベントの配布資料を提供(毎回)

3.各種提言の優先閲覧権・提案権

4.出張研修会の開催(年1回)

5.コンシュルジュサービス(随時)

6.人材紹介(随時)

7.公式サイトへのロゴ掲載

8.ML、Twitter、ブログ等での紹介

9.オフラインイベントでの資料配布

事務局イチオシの特典利用方法をご紹介します。

なんといっても、

4.出張研修会の開催(年1回)

これを利用しない手はありません。

この特典を利用すると、最低10万円でCode4Lib JAPANによるワークショップをスポンサー様主催として開催することができます。

第5回ワークショップ「めざせ!図書館発、USTREAM中継!~基礎から、集客ノウハウまで~」が最近の好例です。

もちろん、スポンサーにならずとも熱意と行動力を駆使してワークショップを誘致していただくことも可能です。福井県にて開催された第3回ワークショップがその例です。

Code4Lib JAPANが主催するイベントにおいて、1回につき2名まで半額で参加できることもなかなか大きな特典だと思います。さらに、最近追加された、オフラインイベントにおける資料配布も意外と効果的に利用できるポイントではないでしょうか。

スポンサーへのお申し込みは公式サイトのフォームからどうぞ!

本家Code4Libでは、スポンサーのロゴがぎっしりとデザインされたクールな長袖Tシャツがグッズとして存在するようです。Code4Lib JAPANでもそんなグッズができる日が来るのではないか、と期待しています!

by ふじたまさえ

サイト内検索
Search This Site

  • アーカイブ

  • カテゴリー