第3回Code4Lib JAPAN Workshop 「APIは怖くない!-RSSからAPIまで便利な仕組みを使い倒そう」(12月12~13日)(サービス構築コース)

あなたの図書館のWebサイトでは、どのような情報を発信していますか? Code4Lib JAPANのワークショップは、実践的な体験学習スタイル。持ち帰ってすぐに図書館サービスに反映できます。

第3回のワークショップは、福井県芦原温泉にて「APIは怖くない!-RSSからAPIまで便利な仕組みを使い倒そう」をテーマに開催します。
RSSからAPIまで便利なウェブの仕組みの使い方を学び、一緒にサービスをつくります。
みんなで考えて手を動かすワークショップを作り上げましょう!RSS/APIとは、どういうものかを理解し、実際に作りながらRSS/APIを使ったサービスの構築方法の基本をマスターします。

たとえば、国立国会図書館の雑誌記事索引RSSを使った「新着雑誌記事速報」やレファレンス協同データベースの「API腕自慢」への応募作品など、自分の手でアプリケーションを完成させることが目標です!当日は国立国会図書館からレファレンス協同データベースの「なかのひと」もゲストとして参加します!

夜の懇親会では、今回のワークショップの発端ともなった岡崎市立中央図書館の問題をみんなで語り明かします。

【開催概要】
期日:2010年12月12日(日)13:00~12月13日(月)12:00
※1日目のみ参加も可能です!
場所:あわら温泉 まつや千千(http://www.matuyasensen.co.jp/
〒910-4196 福井県あわら市舟津31-24 TEL:0776(77)2560
交通:JR北陸線 芦原温泉駅 から送迎バスあり。えちぜん鉄道 芦原湯のまち駅から 徒歩3分
主催:Code4Lib JAPAN
運営:Code4Lib JAPAN ワークショップを芦原温泉に誘致する会
講師:江草由佳(国立教育政策研究所)、岡本 真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)、高久雅生(物質・材料研究機構)
定員:50名(先着順)(対象不問 ※ただし、申込多数の場合、現役ライブラリアンを優先します。)
連絡・問合せ先:Code4Lib JAPAN 事務局 (http://www.code4lib.jp/contact/)

【参加費】

日帰りコース1 ワークショップ1日目のみ参加 21,000円
日帰りコース2 ワークショップ1日目+懇親会 36,600円
2日間コース ワークショップ2日間+懇親会+宿泊 40,000円
費用内訳

  • ワークショップ参加費=20,000円
  • 会場使用料=1,000円
  • 懇親会費[*1]=15,600円
  • 懇親会費+宿泊料[*1]=19,000円
  • [*1]=ただし、飲み物代は別途徴収します

このうち、ワークショップ参加費(20,000円)の部分につきましては、参加者の合計が15名以上の場合は15,000円に、20名以上の場合は10,000円に全員の参加費をディスカウントいたします。同じ職場、ご友人などお誘い合わせの上ご参加いただくとお得です。費用は当日(または事前に)徴収し、参加費がディスカウントになった際は、ディスカウントされた金額で徴収します。領収書はディスカウントされた金額で発行いたします。なお、不参加の場合は、その理由に関わらず参加費の返金はいたしません。

実習用のパソコンは20台をご用意しています。
ご自身のパソコンをお持ち込みいただいての受講も可能です。
その旨お申し込み時にお知らせください。

【参加申し込み】
参加申込みはこちらのフォーム(http://bit.ly/aSXNiL)に記入の上、送信をお願い致します。
お申込み締め切り:2010年11月20日(土) 2010年11月29日(月)(延長しました) ※ただし、定員に達した場合は早期に締め切ることがあります。

【パンフレット】

パンフレット(11月21日更新)

【リンク】
「Code4Lib JAPAN ワークショップを芦原温泉に誘致する会」による 開催要項

ツイートツイート

3 Responses

[...] This post was mentioned on Twitter by 海鳥, Yuka Egusa. Yuka Egusa said: 参加受付開始: 第3回Code4Lib JAPAN Workshop 「APIは怖くない!-RSSからAPIまで便利な仕組みを使い倒そう」(サービス構築コース)12月12~13日 福井県あわら市 http://www.code4lib.jp/2010/11/210/ [...]

[...] [...]

[...] [...]

サイト内検索
Search This Site

  • アーカイブ

  • カテゴリー