Code4Lib JAPANカンファレンス2014発表募集

Code4Lib JAPANカンファレンスを今年の夏も開催します!

第2回となる今回は福井県鯖江市にて、2014年9月上旬に開催します。
システムライブラリアンはもちろん、図書館にさまざまな立場で関わっている方々からも
新しいアイディアをたくさん共有していただくことで、Code4Libムーブメントをさらに
盛り上げていきたいと思います。
多数の発表応募をお待ちしております!

通常発表、ライトニングトークの応募は締め切りました。
1日目(9/6)の夜、ブレイクアウトセッションでの発表も可能です!


【概要】

名称:Code4Lib JAPANカンファレンス2014
日程:2014年9月6日(土)、9月7日(日)
場所:鯖江市図書館(文化の館)(福井県鯖江市)
主催:Code4Lib JAPAN
協賛:株式会社リクルートテクノロジーズ
詳細URL:http://wiki.code4lib.jp/wiki/C4ljp2014

【開催趣旨】

Code4Lib JAPAN カンファレンスは図書館と技術、Web、ITをむすぶ、
図書館員や技術者、その他すべての関係者が集い、アイデアやツールを紹介しあい、
先進的な試みを共有し、関係者が出会い、つながるイベントです。
2013年夏に初めて宮城県南三陸町にて開催されたカンファレンスでは、50名以上の参加者を
得て、図書館サービスと情報技術にかかわる先端的でユニークな取り組みが多数紹介されました。
今年も、昨年と同様に

  • プレカンファレンス(ハンズオン、チュートリアル)
  • 基調講演
  • 口頭発表
  • ライトニングトーク

などを実施し、多数の取り組みを共有していただくとともに、参加者間の交流を深めます。

【発表応募について】

発表応募フォーム: http://bit.ly/c4ljp14-proposal (締め切りました)

発表は上記フォームからご応募ください。

発表には通常発表とライトニングトークの2つの形式があります。
発表されたい方は、以下の募集フォームにて、1)希望する発表形式、2)発表タイトル、3)発表者(お名前、所属、連絡先)、4)発表内容の概要(800字以内)を明記の上、ご応募ください。

  • 通常発表:15分の発表(質疑応答含む)が与えられます。7件を予定。(締め切りました)
  • ライトニングトーク:5分のショート発表。14件を予定。(締め切りました)

とくに、以下のような発表を歓迎します:

  • 図書館システムまたは業務システムに関わる新しいソフトウェアやアイデア
  • 図書館と技術のコミュニティに関わる新しいアイデア

また、発表内容は事例報告、実践報告、研究発表、アイデア共有等、どのような内容でも構いません。上記に限ることなく自由な発想による発表の応募をお待ちしています。

発表応募〆切は 7月28日(月) 17:00(日本時間)とします(ライトニングトークのみ応募枠が埋まるまで〆切延長します)。
プログラム委員会は、発表応募内容の新規性、有用性、面白さ、会議への適合性を考慮し、審査を行い、8月4日(月)までに発表採択者を公表します。

なお、通常発表に応募いただいた場合も、件数を超過した場合、ライトニングトーク発表とさせていただく可能性があります。あらかじめご容赦ください。

【Code4Lib JAPANカンファレンス2014 プログラム委員会】

委員長  清田 陽司(株式会社ネクスト)
委員   江草 由佳(国立教育政策研究所)
委員   大向 一輝(国立情報学研究所)
委員   加藤 文彦(情報・システム研究機構)
委員   高久 雅生(筑波大学)
委員   田辺 浩介(物質・材料研究機構)

サイト内検索
Search This Site

  • アーカイブ

  • カテゴリー